Last update  
2016年12月8日

お知らせ

◆ITIセミナー

「東アジアの貿易構造とメガFTA -日本企業のFTA活用のあり方を探る-」

日時:2016年12月16日(金)
        14:00-16:40
場所:第二吉本ビルディング株式会社
        貸会議室(大阪)

   詳細はこちらをご覧下さい


◆世界経済評論誌研究者欄の第1回論文募集

   詳細はこちらをご覧下さい


◆世界主要国の直接投資統計集(2016年版)①概況編、 ITI 国際直接投資マトリックス(2016年版)発売

  ※ 詳細はこちらをご覧下さい


◆季刊「国際貿易と投資」106号 特集『世界経済のリスクとチャンス』発行のお知らせ


季刊「国際貿易と投資」100号記念増刊号 『変革を待つWTO,拡大深化するFTA』

  ※ 詳細はこちらをご覧下さい



◆ITI調査研究シリーズ

No.43 ITI 国際直接投資マトリックス(2016年版)(有料)

No.42 世界主要国の直接投資統計集(2016年版) ①概況編(有料)

No.41 巨象インドのグローバリゼーション~ICT時代の好機と時間を要する進展~

No.40 EUは長期低落をふせげるか イギリス離脱の行方

  ※ 詳細はこちらをご覧下さい


◆中国・アセアン(タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム)に生産拠点のある御社!これから同地域へ進出をご予定の御社!ACFTA(中国・アセアン自由貿易協定)ご利用でコストダウンできます!
                >>>受託調査のご案内


ITI会員募集

ITIでは会員を募集しております。
会員の方には刊行物の無料配布、受託調査の割引、無料講師派遣などの特典がございます。

  ※詳細はこちらをご覧ください。

ITI紹介


 ・国際貿易投資研究所(ITI)とは?

 ・事業活動報告
  (情報公開のページ)

 ・調査研究の内容について

 ・運営組織について

 ・研究スタッフの紹介

 ・ITIパンフレット(PDFファイル)

 ・ITIセミナー


ご意見・ご感想は、
webmaster@iti.or.jpまでお願いいたします

フラッシュ

調査研究の過程でみつけた興味深い情報や話題等を迅速に提供したり、時に研究員の視点で料理、加工してお届けする常設欄。

309
(12/8up)
トランプ衝撃に揺れる欧州-ポピュリズムの潮流が逆流
国際貿易投資研究所 客員研究員 田中友義
308
(12/5up)
もう一つの大統領選挙結果:一般投票ではクリントンの圧勝
国際貿易投資研究所 客員研究員 滝井光夫
307
(12/2up)
観光立国に防災ツーリズムの薦め-震災大国の経験は世界貢献の資源―
国際貿易投資研究所 客員研究員 山崎恭平
306 対談:トランプ新政権をめぐる米国経済の展望 (その2)
国際貿易投資研究所 客員研究員 滝井光夫
研究主幹 高橋俊樹
305 対談:トランプ新政権をめぐる米国経済の展望(その1)
国際貿易投資研究所 客員研究員 滝井光夫
研究主幹 高橋俊樹
304 「米国第一主義は、自滅的な保護主義にはならない」~トランプ新政権の経済政策を読む~
国際貿易投資研究所 客員研究員 木村誠
303 輸出が牽引する日本の産業用ロボットと輸出増加の背景(日本の輸出品 –3- 「産業用ロボット」(その2))
国際貿易投資研究所 客員研究員 増田耕太郎

  過去のフラッシュ

季刊「国際貿易と投資」2016年12月2日更新

第106号(2016年冬号)
  特集『世界経済のリスクとチャンス』

タイトル 執筆者
パリ協定と日本 畠山襄
トランプ新政権発足後の米国経済のリスク 木村誠
EU離脱(Brexit)に向けたイギリスの課題 川野祐司
トルコの見果てぬ夢 -中所得国の罠は永遠か?- 夏目美詠子
ブラジルを覆う汚職リスク -民主政治の基盤を蝕む病癖とその克服 堀坂浩太郎
韓国経済のリスクと成長の制約 百本和弘
ASEAN各国で異なる投資リスク ~経済成長には格差の是正と生産構造の高度化が必要~ 吉岡武臣
大陸国家中国が構築する陸の経済圏 ~「一帯一路」における中国の貿易~ 大木博巳
中国のPPPモデルの現状と期待 江原規由
日中韓FTA交渉の戦略的重要性に関する再検討 久野新
2015年のACFTAとAFTAの関税削減効果を探る
 ~格差が見られるミャンマー・カンボジアのFTA効果~
高橋俊樹
『APECは何を成し遂げたか』 山澤逸平
World Investment Reportによる投資形態別投資額

バックナンバー


Google
WWW を検索 ITIホームページ内を検索

ITIコラム

トランプ政権の経済通商政策と日本の対応  ~TPPの批准やRCEP交渉の現状と今後の行方~

TPPが頓挫すれば、実際にはその分だけ米国の通商戦略の効力は低下するし、日本においてはこれまでのFTA戦略の再検討を迫られることになる。・・・


>>>全文はこちらへ

(一財)国際貿易投資研究所
研究主幹 高橋俊樹

 

◆過去のコラム

・中国にディズニーランドがやって来た

世界経済評論

世界経済評論
  復刊第6号
 【特集】「金融ビジネスが世界経済を動かす」

世界経済評論IMPACT
   大局を読み“今”を切り取る


直接投資統計

世界主要国の直接投資統計集

 I.概況編(2016年版)

世界主要国の直接投資統計集

 II.国別編(2016年版)

ITI国際直接投資マトリックス(2016年版)

  詳細はこちらへ


国際比較統計 2016年3月22日更新


I.直接投資
II.貿易
III.サービス貿易
IV.マクロ経済統計等
V.季刊誌等の掲載統計

ITIの日本産業連関動学モデルの概略

予測結果の統計データ(実績値および推計値)

詳細はこちら

リンク集  
 
公益財団法人JKA自転車等機械工業振興事業に関する補助事業の概要

 
  〒104-0045
  東京都中央区築地1丁目4番5号 第37興和ビル3階
  <Tel: 03-5148-2601 / Fax: 03-5148-2677>
  地図はこちら