◆季刊 国際貿易と投資

「季刊 国際貿易と投資」は、当研究所のスタッフによる研究成果の一端について、ご紹介するものです。最新のものは次の通りです。 なお、第48号より「ITI季報」の名称を変更するとともに、A5版サイズに変更しました。

<No.125> 特集 ブレグジット後のEUと英国 2021年9月発行

  タイトル 執筆者
論文・
研究ノート
1 EUの通商戦略と対米関係、対中関係の現状-「米国第一主義」決別・新たな関係構築、中国「体制的ライバル」再定義・戦略転換- 田中 友義
2 投資立国、英国の新たな選択〜EU離脱後のグランドデザイン〜 大木 博巳
3 車載電池事業などで欧州市場での攻勢を強める韓国企業 百本 和弘
4 ミャンマーにおける一帯一路(その2)~中国・ミャンマー経済回廊(CMEC)の背景~ Aung Kyaw
5 FTA利用の効果が高い日本の貿易構造 高橋 俊樹
6 中国の人工知能(AI)政策と日本企業の戦略の方向性 真家 陽一
7 経済協力開発機構(OECD)事務総長選の概要と意義 安部 憲明
研究所だより 活動報告

<No.124> 特集 ASEANにおける中国 2021年6月発行

  タイトル 執筆者
論文・
研究ノート
1 中国企業、ASEAN事業を拡大強化-懸念される日本企業の地位低下- 牛山 隆一
2 ミャンマーにおける一帯一路(その1)~中国・ミャンマー経済回廊(CMEC)の背景~ Aung Kyaw
3 インドネシアにおける中国の一帯一路戦略~精錬所・高速鉄道・発電事業の事例 Padang Wicaksono / Lionel Priyadi
4 第14次5か年計画と2035年長期目標から中国経済を考える 今村 弘子
5 EUの通商戦略と対インド関係~インド太平洋地域での中国の活動活発化で関係強化を模索 田中 信世
6 日米の新時代のグローバリゼーションを探る~高収益構造への転換を迫られる日本と子会社活用による輸出拡大が求められる米国~ 高橋 俊樹
7 日本のエレクトロニクス産業の盛衰~デジタル敗戦を超えられるか~ 大木 博巳
8 令和2年度の日本の経済外交:外交実務の観点からの回顧と若干の展望 安部 憲明
研究所だより 活動報告


2021年 No.126 「米中対立の時代における日中韓台の貿易」
  No.125 「ブレグジット後のEUと英国」
  No.124 「ASEANにおける中国」
  No.123 「インド洋太平洋貿易における日・中・韓・印」
2020年 No.122 「コロナ後の世界経済・貿易展望」
  No.121 「忍び寄る米中デカップリングの時代」
  No.120 「コロナ禍と中国依存」
  No.119 「地盤低下する欧州」
2019年 No.118 「曲がり角のグローバリゼーション~米国のパラダイムシフト、中国の歴史的高揚感~」
  No.117 「米中貿易戦争とサプライチェーン」
  No.116 「一帯一路の近未来」
  No.115 「日本のFTAと貿易・投資」
2018年 No.114 「「米国第一主義」の正体」
  No.113 「英離脱後のEUの行方を探る」
  No.112 「ASEANの貿易と投資~現状と展望~」
  No.111 「日中韓台の経済相互依存関係の変容」
2017年 No.110 「一帯一路、国際産能合作とアジア~中国企業のアジア進出~」
  No.109 「ドイツ化する欧州、欧州統合の再構築」
  No.108 「トランプ政権の通商政策とその影響」
  No.107 「国家、産業・企業の競争力」
2016年 No.106 「世界経済のリスクとチャンス」
  No.105 「グローバリゼーションと反グローバリズム」
  No.104 「日本を巡るFTAと日本経済の長期展望」
  No.103 「メコンはチャイナ+1、タイ+1の機会を生かせるか」
2015年 No.102 「世界貿易はどう変わるか」
  No.101 「日本の貿易・直接投資、回顧と展望(続)」
  100号記念増刊号 「変革を待つWTO,拡大深化するFTA」
  No.100 「日本の貿易・直接投資、回顧と展望」
  No.99      
         
2014年 No.95 No.96 No.97 No.98
         
2013年 No.91 No.92 No.93 No.94
         
2012年 No.87 No.88 No.89 No.90
         
2011年 No.83 No.84 No.85 No.86
         
2010年 No.79 No.80 No.81 No.82
         
2009年 No.75 No.76 No.77 No.78
         
2008年 No.71 No.72 No.73 No.74
         
2007年 No.67 No.68 No.69 No.70
         
2006年 No.63 No.64 No.65 No.66
         
2005年 No.59 No.60 No.61 No.62
         
2004年 No.55 No.56 No.57 No.58
         
2003年 No.51 No.52 No.53 No.54
         
2002年 No.47 No.48 No.49 No.50
         
2001年 No.43 No.44 No.45 No.46
         
2000年 No.42